リン酸処理について知ろう!メリットや種類を解説


リン酸処理とはどのような処理か

リン酸鉄やリン酸亜鉛やリン酸マンガンといったリン酸塩の溶液を用いて、金属の表面に薄い皮膜を作る処理のことをリン酸処理といいます。リン酸処理は化成処理の1つの方法として知られています。化成処理とは、化学反応を利用して素材の表面に膜を作って、元の素材とは異なる性状に変化させることです。また、リン酸処理は鋼の表面処理として行われることが多いです。

リン酸処理を行うメリットとは何か

リン酸処理で施される薄いリン酸塩皮膜は不溶性です。そのため、リン酸処理をすることで鋼表面の腐食を抑えられるメリットがあります。また、油との相性が良いため、表面の潤滑性を上げることが可能です。さらに淡灰色や濃灰色といった落ち着いた色合いに仕上がるので、重厚感や高級感のある仕上がりになることもメリットの1つです。

リン酸処理の種類にはどのようなものがあるか

一口にリン酸処理といっても、その種類はいくつか存在します。有名なのがリン酸亜鉛処理です。溶融亜鉛を用いて処理を行いますが、重厚感や高級感のある仕上げになります。また、経年変化によって徐々に濃淡が落ち着くことから、周囲と調和した色合いに落ち着くという特徴を併せ持っています。

リン酸鉄処理も良く行われます。これは鉄鋼にリン酸鉄皮膜剤の溶液を塗布したり、加工液に浸したりする方法です。リン酸鉄処理をすることで鋼表面の腐食を抑えることができます。腐食を抑える効果としては、先述のリン酸亜鉛処理の方が優れています。しかし、リン酸鉄処理の方が処理工程が少ないため、短期間で処理することが可能です。

リン酸が歯の健康に及ぼす影響、濃リン酸は危険な酸性であり、口や目に入ったり、皮膚に触れると重度の傷害を引き起こします。リン酸処理をするときは、その危険性を理解することが重要です。