本園の沿革



 当園は、人間形成の基礎を作る大切な時期を国際都市香港で生活する幼児達のために、在香港日本国領事館、香港日本人倶楽部、香港日本人商工会議所、香港日本人学校、日本人企業の協力のもとに、1986年、香港政庁教育署に認可された唯一の日本語幼稚園として「オイスカ香港日本語幼稚園」の名称で開園しました。

 当園は、常に日本の幼児教育会と連絡を取り合いつつ、且つ、香港という場を生かした国際的視野にたった教育に力を入れています。日本の伝統的な文化行事(夏祭り、餅つきなど)も多く取り入れ、21世紀に羽ばたく個性豊かな国際人の育成を目標として、ユニークで創造的な教育を行っています。


   1986年 1月  香港島北角にて「オイスカ香港日本語幼稚園」開園

   1995年 8月  園児数増加に伴い、九龍サイド藍田に移転

   1996年 4月  香港島北角にて<少人数制・縦割り保育>を特色とする「オイスカ北角幼稚園」を開園

   2009年 4月  香港島北角にて「オイスカ香港日本語幼稚園」と「オイスカ北角幼稚園」を統合し、
             「オイスカ日本語幼稚園」として新たに開園    







<戻る>




 本園の教育



 『三つ子の魂、百までも』といわれますように、乳幼児期に経験したことや、教えられたことは心の深奥部(この部分は往々にして自分にも認識できない『無意識』の世界)に深く刻みつけられて、一生忘れることがありません。

 子どもの心は最初、白紙のようなもので、生まれた瞬間から、自らの身体に具わった5つの感覚器官を用いて身近な環境からいろいろな情報を獲得して白い紙のような心に書きこんでいきます。しかも、ここで書きこまれたものは絶対に消すことができません。したがって、乳幼児の生育環境、特に家庭環境、つまり、文化財が大切なのです。

 また、子どもは生活そのものを通して基本的な生活習慣(睡眠・清潔・食事・排泄・衣服の着脱)を身につけ次第に自分の身の周りのことは自分でできるようになります。これを、自立とよびます。そしてこの自立がその後に発達する『知能』や『社会性』の基礎になります。

 さて、幼稚園に入ると同じ年頃の子ども達と遊ぶ中で友達関係をもつことができるようになり、社会で生活していくのに必要な『きまり』を学習していきます。つまり、家庭と幼稚園とでは学習する内容が異なるのです。幼稚園は育児のお手伝いはできても、家庭の代わりをすることはできないと言えます。したがって幼稚園としては家庭と連絡を密にとりながら、保育を進めていきたいと考えています。








   

<戻る>




©2005 OISCA Japanese Kindergarten, Allrights reserved